Loading...

軽くて丈夫で美しい『金属屋根瓦』

ligo_shiawaseroof

地震や台風などの災害、雪害にも強い!

しあわせルーフは、従来の粘土瓦の約1/10、着色石綿スレート瓦の約1/3と大変軽量です。そのため、柱や梁への荷重負担を減らし、地震時の揺れを小さくして家屋の損傷を防ぎます。
また、瓦桟にも釘止めする施工方法を取り入れているので、割れたりずれ落ちる心配もありません。もちろん、強風による風圧や巻き上げ風力にも無類の強さを発揮します。

フッ素樹脂加工ガルバリウム鋼板

しあわせルーフ
当社オリジナル商品の『しあわせルーフ』は、フッ素樹脂加工ガルバリウム鋼板でどんな屋根よりも強く、軽く、美しい!
しかも従来品は厚さ0.4mmなのに対して、0.8mmの厚さで強度をパワーアップ!

安心の20年保証

表面にフッ素樹脂加工を施すことで、『しあわせルーフ』の外観上の変化について、建築施工後20年間の保証をさせていただいております。
しあわせルーフ20年保証書

しあわせルーフの特徴

軽い

家屋への負担を軽減するのでリフォームにもお勧め

しあわせルーフは、従来の粘土瓦の約1/10、着色石綿スレート瓦の約1/3と大変軽量です。そのため、柱や梁への荷重負担を減らし、地震時の揺れを小さくして家屋の損傷を防ぎます。
また、瓦桟にも釘止めする施工方法を取り入れているので、割れたりズレ落ちる心配もありません。

美しい

和風・洋風建築を問わず、センス良く美しい仕上がり

優れたプレス加工技術により、日本瓦の持つ繊細で重厚な風格と、現代的な感覚を合わせ持ち、和風・洋風の住宅から、店舗、神社・仏閣まで幅広く採用されています。
また、フッ素加工を施すことによって、経年による色褪せを防ぎます。だからいつまでもカラーが長持ちして美しい!

高品質

過酷な自然環境に耐え、火災にも強い

しあわせルーフはあらゆる関係機関で漏水試験・耐候試験を受け、安全で品質の高い優れた屋根材として証明された、自信をもってお勧めできる製品です。その品質の確かさは、特に過酷な自然環境を持つ寒冷地や海岸地帯での施工実績からも証明されています。
また、フッ素の法廷不燃物を使用し、建設大臣指定の30分間耐火構造屋根としての資格を取得していますので、隣家での出火による貰い火などの被害を受けにくく、より安全な屋根材です。

快適

真夏の暑さを防ぎ、雨音も静かに

古い屋根とその上に施工するしあわせルーフとの間に空間が作られるアドオン工法では、この空間が防音断熱の役割を果たしてくれます。
真夏の照りつける太陽熱が屋内に侵入するのを防ぎ、豪雨の際には雨音を静かにして快適な室内環境を守ります。

豪雪にも威力を発揮

雪国での暮らしは雪との戦い。特に屋根の雪下ろしは大変な重労働です。アドオン工法のしあわせルーフなら、屋根に積もった雪が段差で切れて自然滑雪しやすくなります。特にフッ素タイプは塗膜が堅く、跋文の滑雪性があります。

経済的

普通に暮らしながら短期間で工事完了

軽量な金属瓦なので、施工時の下地構造材をはじめ工賃を節減できるので、トータルコストを下げることができます。また、古い金属屋根を改装する場合、そのままの状態で上から施工する事も可能です。
工期も通常3日程度なので、工事中でも仮住まいなどに移る必要もなく、そのままの生活をしていただけます。


その他の金属屋根瓦

ガルバリウム ステンレス 銅板
厚さ0.4mm(フッ素加工) 厚さ0.4mm(カラー) 厚さ0.4mm
ガルバリウム鋼板製金属屋根瓦 ステンレス製金属屋根瓦 銅板製金属屋根瓦

アドオン工法のメリット

金属屋根瓦はアドオン工法と呼ばれる方法で施工します。
これはまず、格子状に組んだ桟木の上に金属瓦を貼っていく方法です。こうすることで、屋根に強度が出て耐震性が上がります。
古い屋根が重たい瓦だった場合、まず瓦を下ろしてから桟木を組みますが、もともとがトタン屋根や金属屋根、スレート屋根などの場合は、古い屋根材を剥がさなくてもその上から直接施工が可能です。

アドオン工法の仕組み

また、アドオン工法では、新しい金属屋根瓦の下に空間が作られるように設計されています。その空間が防音・断熱層となり、豪雨の雨音や真夏の太陽熱を防いで屋内を快適にしてくれます。

アドオン工法でできる空気層


金属屋根瓦をアドオン工法で施工する様子

日本瓦 → 金属屋根瓦

重たい日本瓦を下ろし、軽量な金属屋根瓦に葺き替えることで家屋への負担が軽減され、地震の揺れによるダメージを小さくすることができます。
しかも見た目は日本瓦のような重厚感があるので、仕上がりの満足度も高いです。

藁葺き屋根 → 金属屋根瓦

手入れや葺き替えの大変な藁葺き屋根は、藁を下ろすことなくそのまま上から金属屋根瓦を施工できます。工期も費用も負担が少なく、日本家屋の美しさをきちんと残すことができる画期的な屋根のリフォームです。

トタン屋根 → 金属屋根瓦

経年劣化してしまったトタン屋根の上に、直接桟木を組みます。その上に施工する金属屋根瓦の下に少し隙間ができるように設計されているので、その空気層が防音や断熱の役目を果たします。お屋敷のような立派な重厚感のある仕上がりです。